citrusjewelry's diary

庶民だけどジュエリー・宝石好きなオタクの幸せについて

ピンクゴールドもかわいい

本日は、ピンクゴールドのオパールの指輪と、ピンキーリングと、メルカリで購入のピンクゴールドネックレスでいきました。

ちょっと乙女にまとめてみたのだが、つけてるのはおばさんだが。

 

その前もピンクゴールドでまとめてました。

トパーズと、ピンキーリングと、H&Cのダイヤモンドネックレス。

 

ネットニュースで、世界的に銅が奪い合いになっているとのこと。AIや電気自動車にかかわるらしいですが、需要増大みたいで、ピンクゴールドの割金の銅がその調子だとピンクゴールド減るかな、価格上がるかな、と心配です。

 

ほかの日のコーデも貼ります。

 

乙女なムーンストーンと、四角いのもムーンストーンです。ムーンストーン最近つけて歩くの楽しいです。

 

宝石屋さんが、パールが値段上がりすぎていて、昔仕入れたオーロラ花珠のネックレスより、最近仕入れた普通の花珠のネックレスが二倍高くなっているという珍妙なことになっていると話してくれました。

 

二つのネックレスをみせてもらって「おおう」とうなりそうになりました。

 

パール上がりすぎです。やれやれ。

1200万のパライバ

本日は、休日だったため、軽い感じで外出して、アレキサンドライトの指輪と、トパーズのネックレスでいきました。

モールへ寄ったら、パルコから引っ越してきた宝石店が催事をやっていました。

 

当初、催事はやらないつもりだったようですが、ほかの店が催事でけっこう売り上げてるのみて方針を変えたようです。

 

入っていたメーカーさんの商品は、なかなか新鮮でした。

 

デザイン的におしゃれな感じの色石ジュエリーの脇石がローズカットダイヤを使っていて、メーカーさんは、ブリリアントカットのダイヤモンドより中石が映えて美しいといっていました。

 

ピンクゴールド台にアレキサンドライトとローズカットダイヤの指輪、素敵だったなあ。

値段もそれなりに高かったので買う選択肢はないのだけど。

 

で、1,200万円のパライバリングも見せてもらいました。

2カラットぐらいあったかもしれません。内包物はありますが美しいネオン感のある色のきれいな石で、そりゃ4桁万円するわ。

 

当然宝くじでもあたらなきゃ買える代物ではないですが、眼福でした。

 

ほかにも、指輪の側面に色石のメレを並べて敷き詰めた指輪もあって、なかなかのヘンタイだな(誉め言葉)と思いました。メレ、色がそろってたし。

 

催事は楽しいけどそうそう買えないところがつらいですね。

 

ほかの日のコーデも貼ります。

GW明けも素敵なジュエリーを身に着けて乗り切りました。


 

 

ジュエリーのまずい売り方

この日は、連休前半、市内をちょっとドライブして山菜を買い求めました。

 

夫からもらった結婚20年記念の星座のネックレスと、全部H&Cのダイヤモンドパヴェリングと、ピンキーリングと、色石のブレスレットでいきました。

 

山菜が売ってた直売所に、コストコ商品もあったみたいですが、野菜しかみてなかったので気づきませんでした。

 

ほかの日のコーデも貼ります。

ブルームーンストーンは本当に楽しい。最近ちょっとムーンストーンにはまっていました。

 

いろんな色の石が入ったブレスレットと、いろんな色の入った淡水パールのネックレスと、エチオピアオパールが楽しいです。

 

さて、ある宝石店でお店の人がバクハツしていたのですが、上から重点商品にされているジュエリーが、ことごとください…。

あんま趣味よくないな~、流行もすぎてるなとおもうのですが、上から、この商品は利幅が大きいからたくさん売れ、といわれて頭抱えてました。

 

お客さんが欲しがらなければ無理に売ろうとはしない、といってましたが、それで上からは小言をいわれると。

 

売れないのは商品力のせいではなく、現場が悪いといわれ、困っていました。

 

ジュエリーはあくまで嗜好品なので、トレンドは読んだほうがいいよ…とは思います。

 

よく、宝石店で、見たい商品は別なのにほしくもないジュエリーをごり押しされた、という話がありますが、それって、お店が売りたい商品なのですね。

 

売りたい商品を無理やり買わせてもあとが続かないしそんなの買ったお客も喜んでつけるとは思えない。そんな昔の売り方は令和では通用しないよと思います。

 

ジュエリーじたい、好きな人は昔より少数派なのだから、継続して買ってもらえるようお客に喜んでもらうほうが大事じゃないかなあ。とただの消費者だけど思います。

 

宝石を売る人の話

本日は、


連休でちょっと外出してお買い物だったので、軽く、トルコジュエリーのサンストーンの指輪と、ピンキーリングだけでいきました。

 

サンストーンは、以前は割とつまらない石扱いだったのですが、近年結構人気ですね。

 

こちらのサンストーンも、内包物が初夏の太陽光にキラキラして楽しかったです。

 

指輪はシルバーのフリーサイズなので、肉がくいこみました。

 

さて、先日ある宝石店で話したら、店長さんが、お得意様にレアストーンを紹介して売るスタイルを中心にやっていきたいと話していました。

 

もちろん店頭に普通にジュエリーおいてますが、これはというお客にいい石を紹介して売るだいご味を覚えてしまったようです。

 

ある意味そういうスタイルも宝石の売り方のひとつです。

 

別のお店では、もっと気軽にジュエリーを身に着けてほしいといっていて、そちらは幅広いお客にきてもらってアクセサリーのひとつとしてジュエリーを楽しんでほしいとのこと。

 

それもありですね。

 

本当にお店ごとに売り方って違うんだなあと思った次第。

 

ほかの日のジュエリーも貼ります。

J’Sの梨地の地金指輪は、30年近く前のものですが、今でもおしゃれです。

 

夫からもらったブレスレットと、夫から初めてもらったハートのネックレス。

 

今から銀婚式にまたジュエリーほしいとさわいでますが、プレゼントがヤドンのぬいぐるみだったらどうしましょう。

百貨店がなくなる日

この日は、地元の百貨店で買ったアレキサンドライトと、同じ百貨店で買ったピジョンブラッドのルビーと、レーザーホールのダイヤモンドネックレスと、メルカリで買ったブレスレットでいきました。

 

 

なかなかるんるんな組み合わせです。

 

こちらの地元百貨店、ものによってはamazing工房さんと張るくらいお得な色石ジュエリーが多く、その値段のひみつが知りたいところですが、本当にデザイン気に入ったのがあればお買い得です。ただし真珠は高めです。

 

しかしこの百貨店も閉店がきまりました。

 

もともと新宿の百貨店でバイトしてた経験があるので、私の基準からすると微妙な百貨店だったのですが、地元では絶大な信頼がありました。

 

でも、時代の流れでガラガラに…。百貨店という業態は都心でも厳しいですしね。

 

閉店セールがあったら一段とジュエリーがお得になるに違いないと思ってます。

 

ほかの日のコーデも貼ります。

 

写真だと色が濃い目にでますが、色の淡いタンザナイトです。タンザナイトは色が淡くても濃くても素敵ですよね。

お休みの日のジュエリー

お休みの日に、お医者いきました。服を脱ぐので、指輪だけにしました。

こちらのペリドットアメシストのコンビの指輪は、13年前に買ったものでデザイナーものらしく、展示会で購入しましたが値引きできないといわれたものです。

 

それでも今の相場よりずっと安かったけど。

 

買う気満々で訪れた展示会だったので、フィーバーしてしまい後が大変でしたが。

 

本日は連休初日で、ブラックオパールとインペリアルトパーズでいきました。

ブラックオパールも、上のコンビの指輪と一緒に買いました。こちらは、たぶん私が持ってるなかで一番高い指輪です。

 

展示会で、一目で気に入り買いました。このときはお金あったんです。今は貧乏です。

 

本日食品買い物してて店員さんに、きれいな石、といわれたので、今は採りつくしてしまって品薄なんですよ、と言ったら、え~?とびっくりされていました。

 

宝石くわしくない人からしたら、採りつくしたなんてきいたらびっくりなんでしょうね。

 

ライトニングリッジももう掘っても採算とれないときいています。

 

インスタやってたら御徒町の知ってる石屋さんがでてきて、オパールの画像みて、買いに行こうかしらと思ったり。

 

オパールもいくつあってもいいです。沼です。

月の石

新月もあり、心にさざなみがたったので、連日ムーンストーンのジュエリーをつけてみました。

ムーンストーンは心が落ち着きそうです。

 

「冷たいジュエリ」という古い本を読んでいたのですが、いろんな宝石についての伝説、逸話などがつらつら書いてあって、宝石のロマンを感じる本でした。

 

本当に宝石にまつわるエピソードっていっぱいあるのですね。

 

また、小説や映画にもけっこうとりあげられたり。

 

そんなことを思いながらジュエリーをつけてみてみるとまた楽しく感じます。

 

しみじみジュエリーっていつまでも楽しめる趣味だなあと思う次第です。